NBA・OKC&HOUと「Why not?」

ラッセル・ウェストブルック(Russell Westbrook)、オクラホマシティ・サンダー(OKC Thunder)、ヒューストン・ロケッツ(Houston Rockets)を中心に、NBAに関して、主観で興味のあることを書くブログ

Oklahoma City Thunder

【OKC】サンダーの前半戦を振り返る チーム編[2018-19シーズン]

投稿日:2019年1月14日 更新日:

Pocket

2019/01/14現在、 オクラホマシティ・サンダーは、2018-19シーズンの82試合中、42試合を消化しました。シーズンの半分を過ぎたので、サンダーファン視点で、ちょっと振り返ってみたいと思います。

サンダーの成績

26勝16敗。現在、ウェスタンカンファレンス3位です。開幕からまさかの4連敗を喫し、リーグ最下位となるという、波乱の幕開けとなりました。ファンとしても予想外過ぎて、プレーオフ厳しいかもと思ったのは、内緒の話。

そこから、スターティングラインナップを、パトパタからジェラミに変えたところ、一気に7連勝し、勢いに乗ることができました。こう見ると順調のように思えますが、サンダーは、今シーズンの前半戦に、とある問題に悩まされました。

サンダーの怪我人問題

まずは、ウェストブルック。開幕からの2試合を欠場後、復帰しましたが、11/6のペリカンズ戦で足首を負傷し、2週間離脱してしまいました。

ただ、シュルーダーがその穴を埋める活躍をし、ウェストブルック不在の6試合を5勝1敗で乗り切ってくれました。また、フェルトンがバックアップにいたのも大きかったと思います。ウェストブルックのケガは、ほんとヒヤッとしましたが、大事に至らなくて何よりでした。

その後、今度はファーガソンとディアロが、11/22のウォーリアーズ戦で、共に足首を負傷し、しばらく離脱してしまいます。その時も、ルワウやネイダーといった選手がステップアップして、穴を埋めてくれました。SGがいっぱいいて、良かった。

また、最近では、1/9のウルブズ戦で、ノエルがウィギンズのダンクをブロックしようとして、運悪く、ウィギンズの肘が頭に入ってしまい、負傷退場してしまいました・・・。

倒れた直後、意識が回復せず、大事に至らないか、心配されましたが、診断結果は脳震盪だけで、他に骨折などの異常は見られませんでした。本当に、良かった…。

ノエルとディアロの負傷は、最初とてもヤバそうにしか見えなかったので、比較的軽傷で済んだのは、不幸中の幸いでした。

そして、忘れてはいけないのは、サンダーのエースストッパーである、ロバーソン。昨シーズンに負傷してしまい、今シーズンの12月に復帰とみられていましたが、状態が悪化してしまい、1月中旬以降に復帰となってしまいました。

とはいえ、無理して復帰しても、またケガしてしまう可能性が高いので万全の状態になってから、復帰してもらえればと思ってます。今は無理して復帰するほど、チーム状態も悪くないしね。

最後に、今気になってるのは、アブリネス。12/24のウルブズ戦を最後に、欠場が続いています・・・。最初は、体調不良での欠場でしたが、最近は個人的な事情での欠場が続き、ちょっと心配です。

チームに合流したという情報もあったのですが、その後も現在まで欠場が続いているので、どんな状況か気になるところです。アブリネスも、サンダーに必要な存在ですからね・・・。

サンダーのスタッツとチームスタイル

次に、サンダーのスタッツについて、主要なものをまとめてみました。なお、 スタッツは、2019/01/14時点のものです。

項目確率リーグ順位
FG% 45.7% 17位
FGA
93.4回3位
2P%51.6%15位
2PA63.6回5位
3P%32.9%30位
※最下位
3PA29.8回21位
FT%70.8%27位
オフェンスリバウンド12.51位
ディフェンスリバウンド36.010位
スティール10.21位
ブロック5.510位
ターンオーバー14.119位
得点112.815位
オフェンス・レーティング109.2519位
失点107.410位
ディフェンス・レーティング104.021位

※オフェンス・レーティング、ディフェンス・レーティングは、それぞれ100回のポゼッションでみた平均得点・平均失点を表します。

スタッツより分かる通り、スリーの確率がリーグ最下位です。サンダーファンの方なら、ご存知というか、痛感しているかと思いますが、サンダーはスリーが入りません!本当にビックリするほど、入らない。試合見てると、リーグ最下位なのも納得。数字は嘘つかない。今期のウェストブルックが、3P 23.3%と絶不調なのも影響してます。

ただ、スリー入らないけど、3GAがリーグ21位であることから、そんなにスリーを打ってないので、致命的ではありません。もちろん、スリー入らないのは、苦しいけど。

また、FGAがリーグ3位であることから、オフェンスの回数が他のチームより多いです。何故かと言うと、この2つが原因として考えられます。

  1. オフェンスリバウンドが多い
  2. スティールが多い

どちらも相手のオフェンス回数を減らすとともに、自分たちのオフェンス回数を増やすことにつながってるんですね。

なので、今期のサンダーは、ディフェンス頑張って、失点を減らすとともに、オフェンスの回数増やして、シュート入るまでたくさん打っていこうというスタイルで、頑張ってます。

まぁでも、ノーマークのスリーがなかなか入らないのは、何とかしてほしい。

後半戦に向けての改善点

管理人が改善してほしいと思う点は、これです。

「フリースローが入らない」

先程は触れませんでしたが、フリースローの確率は、70.8%(リーグ27位)。低い原因は、FTA(フリースローの回数)が2以上で、チーム平均より確率が低い選手がいること。 アダムスとジェラミ、そしてウェストブルック。

アダムスのFTAとFT%

FTA:4.7本, FT%:55.2%

■ジェラミのFTAとFT%

FTA:2.8本, FT%:69.5%

■ウェストブルックの FTAとFT%

FTA:5.5本, FT%:63.1%

ただ、キャリア平均のFT%と比べると、アダムスは56.5%で、そんなに変わらず、ジェラミが64.7%なので、今シーズンはかなり改善されています。

という訳で、1番改善が必要なのは、ウェストブルック。キャリア平均だと、80.7%なので、今シーズンの数字は、かなり落ち込んでしまってます。

昨シーズンのルール改正により、今までやってたルーティンができなくなり、昨シーズンは73.7%と確率を下げてしまいましたが、今シーズンは63.1%と、さらに下げてしまっています。

今シーズンにケガしてしまった影響もあるのか、スリーの確率もかなり下がっており、シュートに苦しんでいるウェストブルック。

後半戦、勝っていくためにも、彼のシュートタッチが良くなることを祈るばかりです。頑張れ、ウェストブルック。いや、十分頑張ってるんだけどさ(苦笑)

今回はチームとして振り返ってみたので、次回は選手個人を振り返ります。

Pocket

-Oklahoma City Thunder
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【OKC】サンダーのサラリーを踏まえながら、補強ポイントを考えよう[後編]

遂に後編です。気付いたら、FA解禁されてたよ(汗) 前編書いたのって、いつだったっけか・・・(遠い目) 中編では、サンダーのSG達について振り返りました。シュートの苦手なSG達。何か矛盾してるけど、気 …

【OKC】サンダーのサラリーを踏まえながら、補強ポイントを考えよう[中編]

まさかの中編。 「話が長くなった」&「時間が取れない」の2強による影響で、苦肉の策で分割しました。という言い訳。すみません(土下座) そして、前編の内容を忘れてしまった(汗) という訳で、前編 …

【OKC】今季のオクラホマシティ・サンダーって、どんなチーム?

ご無沙汰しております。年が明ける前に更新できてよかった・・・(安堵) 開幕してから、まだサンダーの記事を書いていなかったらしいよ!この事実に驚愕している今日この頃。ほんと、すみません(土下座) ノーウ …

【OKC】サンダー、プレーオフ出場が決まったので、タイブレークとプレーオフで当たりそうな相手を確認してみよう

サンダー、プレーオフ進出決定!オールスター明けから、7勝12敗と絶不調でしたが、とりあえず一安心。 あ、最近更新が遅れてすみませんでしたm(_ _)m 仕事とプライベートが忙しくて、記事を書く時間が取 …

【OKC】サンダーvsブレイザーズに関して、個人的に気になるキーポイントを確認しよう

前回、シーズンでのブレイザーズ戦4試合に対して、平均スタッツを見ながら、気になるポイントを挙げてみました。 【OKC】サンダーvsブレイザーズに向けて、今シーズンの試合結果から、気になるポイントを確認 …

名前:RSWB0

性別:男性

職業:システムエンジニア
性格:ちょっと気まぐれ

趣味:バスケットボール。NBA観戦。

オクラホマシティ・サンダーとラッセル・ウェストブルックのファン。

バスケ経験者だけど、戦術とかはあまりよく分かってない(笑)

twitterやってます!
NBAとサンダーに関することを中心に呟いてます。
https://mobile.twitter.com/RSWB_0

記事に記載しているスタッツは、下記を参照しています。
https://www.basketball-reference.com/