NBA・OKC&HOUと「Why not?」

ラッセル・ウェストブルック(Russell Westbrook)、オクラホマシティ・サンダー(OKC Thunder)、ヒューストン・ロケッツ(Houston Rockets)を中心に、NBAに関して、主観で興味のあることを書くブログ

NBA

【NBA】オールスターに選ばれるのは誰なのかをスタッツ(+α)から見てみよう

投稿日:2019年1月26日 更新日:

Pocket

ポール・ジョージが、オールスターのスターターに選ばれました!やったね。成績もリーグトップレベルで、ゲームウィナーも2度出してるしね。

ウェストブルックは、残念ながらスターターは落選。カリーが平均で30点近く取ってるし、ハーデンがあり得ないスタッツ出してたから、しょうがない。今シーズンは、ちょっと不調だったのは否めないので。シーズントリプルダブルって、凄いことなんだけどね。

という訳で、今回はオールスターについての記事です。サンダーというよりは、NBAの話題ですが、8%くらいサンダーも。消費税か。というかウェストブルックとアダムス。ちょうどタイムリーなのと、今年の選考が例年以上に難しくなりそうなので、確認してみました。

オールスター候補 選考条件

オールスターに選ばれそうな選手をリストアップするにあたり、管理人の基準として、下記の条件を設定しました。 条件1~6のどれかを満たしている選手から、オールスターのリザーブを選んでいきます。

  1. 平均得点 20点以上
  2. アシスト リーグトップ5圏内
  3. リバウンド リーグトップ5圏内
  4. 各カンファレンスのポジション別ファン投票トップ5
  5. 1~4を満たしてないけど、プレーオフ圏内のチームで選ばれそうなスターター
  6. スティーブン・アダムス

後述するオールスター候補ですが、選手名の左に[B]があれば、バックコートプレイヤー、[F]があればフロントコートプレイヤーです。

また、選手名の右に、所属チームの略称とカンファレンスでのチーム順位を記載しています。スタッツは、2019年1月26日のものです。

ちなみに、オールスターのリザーブは、バックコートプレイヤー2名、フロントコートプレイヤー3名、ポジションレス2名を関係者が選びます。

なので、バックコートプレイヤーが4名選ばれる可能性もあれば、フロントコートプレイヤーが5名選ばれる可能性もあります。ポジションレスって、いつの間にか出来てたな。

ウェスタン・カンファレンス

[B] ラッセル・ウェストブルック(OKC 3位)
出場試合:40試合 欠場:8試合
21.9 pts, 10.8 reb, 10.7 ast, 2.4 stl, 0.3 blk, 4.5 tov
FG%:41.8%, 3P%:24.3%, FT%:65.0%

※アシスト・スティール:リーグ1位
※ファン投票 ウェスタン バックコート部門 第4位

[B] デイミアン・リラード(POR 4位)
出場試合:50試合 欠場:0試合
26.2 pts, 4.5 reb, 6.2 ast, 1.1 stl, 0.5 blk, 2.8 tov
FG%:44.7%, 3P%:37.1%, FT%:90.6%

[B] デビン・ブッカー(PHO 15位)
出場試合:50試合 欠場:0試合
24.6 pts, 3.6 reb, 6.7 ast, 0.9 stl, 0.2 blk, 3.9 tov
FG%:45.2%, 3P%:32.0%, FT%:84.3%

[B]ドノバン・ミッチェル(UTA 6位)
出場試合:46試合 欠場:4試合
22.3 pts, 3.8 reb, 3.9 ast, 1.6 stl, 0.4 blk, 2.8 tov
FG%:42.3%, 3P%:33.0%, FT%:79.3%

[B]クレイ・トンプソン(GSW 1位)
出場試合:48試合 欠場:0試合
21.8 pts, 4.1 reb, 2.0 ast, 1.2 stl, 0.7 blk, 1.6 tov
FG%:46.1%, 3P%:38.0%, FT%:80.7%

※ファン投票 ウェスタン バックコート部門 第5位

[B] デマー・デローザン(SAS 7位)
出場試合:49試合 欠場:48試合
21.5 pts, 6.2 reb, 6.3 ast, 1.1 stl, 0.5 blk, 2.7 tov
FG%:46.6%, 3P%:17.5%, FT%:82.2%

[B]ドリュー・ホリデー(NOP 13位)
出場試合:49試合 欠場:0試合
21.0 pts, 4.8 reb, 8.2 ast, 1.7 stl, 0.8 blk, 3.3 tov
FG%:48.2%, 3P%:32.3%, FT%:75.1%

[B] CJ・マッカラム(POR 4位)
出場試合:49試合 欠場:1試合
20.7 pts, 3.8 reb, 2.6 ast, 0.8 stl, 0.3 blk, 1.5 tov
FG%:45.9%, 3P%:35.7%, FT%:82.8%

[B] バディ・ヒールド(SAC 10位)
出場試合:49試合 欠場:0試合
20.3 pts, 5.0 reb, 2.2 ast, 0.5 stl, 0.3 blk, 1.8 tov
FG%:47.9%, 3P%:46.0%, FT%:86.2%

[B] マイク・コンリー (MEM 14位)
出場試合:48試合 欠場:1試合
20.0 pts, 3.3 reb, 6.1 ast, 1.4 stl, 0.4 blk, 1.9 tov
FG%:42.6%, 3P%:35.7%, FT%:85.2%

[B] デリック・ローズ (MIN 11位)
出場試合:38試合 欠場:11試合
18.6 pts, 2.8 reb, 4.7 ast, 0.6 stl, 0.1 blk, 2.3 tov
FG%:48.0%, 3P%:41.7%, FT%:85.4%

※ファン投票 ウェスタン バックコート部門 第2位

何という激戦区。ウェストのガードって、20点オーバーこんなにいるのか!?恐らく、シーズントリプルダブルのウェストブルック、25点超えでチーム順位も上位のリラードは確定かと。シーズントリプルダブルなら、オールスターは確定で合ってるよね…?

デビン・ブッカーは、チーム順位がダントツで最下位なのがちょっとネックで、選ばれなさそう。何だかんだチーム順位も選考に影響してるしね。ちょっと気の毒。選ばれるには、この成績でサンズがプレーオフ争い出来てればチャンスあったと思う。もしくは、イースト移籍。

逆に、ドノバン・ミッチェルは有力かな。ジャズが6位まで上がってきたのは、ドノバン・ミッチェルのおかげ。去年、ジャズがプレーオフ出たのも、ドノバン・ミッチェルのおかげ。去年、プレーオフでサンダーに勝ったのもドノバン・ミッチェルのおかげ。おのれ、ドノバン・ミッチェル!(逆恨み)

こんなこと言ってますが、管理人はドノバン・ミッチェルは結構好きな選手です。ただ、サンダーと対戦する時に、活躍するのは勘弁してね。

という訳で、ドノバン・ミッチェルが有力とすると、これで3人なので、残りはクレイ・トンプソンデローザンか。3P%で見ると、クレイ・トンプソン有力だけど、オールマイティに活躍してるデローザンも可能性あるな。あ、ポジションレスの枠、バックコートで使いきっちゃったな。

ホリデーマッカラムも良い成績残してるんだけどね。流石に、デリック・ローズの出場は厳しいな。成績以上に活躍している印象はあるんだけど、相手が悪すぎる。

[F] アンソニー・デイビス (NOP 13位)
出場試合:41試合 欠場:8試合
29.3 pts, 13.3 reb, 4.4 ast, 1.7 stl, 2.6 blk, 2.0 tov
FG%:50.8%, 3P%:32.5%, FT%:81.2%

※ファン投票 ウェスタン フロントコート部門 第5位

[F] カール・アンソニー・タウンズ(MIN 11位)
出場試合:49試合 欠場:0試合
22.8 pts, 12.3 reb, 3.1 ast, 1.0 stl, 1.9 blk, 2.9 tov
FG%:49.9%, 3P%:37.9%, FT%:84.7%

[F]トバイアス・ハリス(LAC 8位)
出場試合:49試合 欠場:0試合
21.1 pts, 8.0 reb, 2.5 ast, 0.8 stl, 0. 4 blk, 2.0 tov
FG%:50.4%, 3P%:43.9%, FT%:88.3%

[F] ラマーカス・オルドリッジ (SAS 7位)
出場試合:49試合 欠場:0試合
20.6 pts, 8.6 reb, 2.5 ast, 0.6 stl, 1.2 blk, 1.9 tov
FG%:51.0%, 3P%:23.5%, FT%:83.9%

[F] ルカ・ドンチッチ (DAL 13位)
出場試合:47試合 欠場:1試合
18.6 pts, 2.8 reb, 4.7 ast, 0.6 stl, 0.1 blk, 2.3 tov
FG%:48.0%, 3P%:41.7%, FT%:85.4%

※ファン投票 ウェスタン フロントコート部門 第2位

[F] ニコラ・ヨキッチ (DEN 2位)
出場試合:46試合 欠場:1試合
19.8 pts, 10.3 reb, 7.7 ast, 1.3 stl, 0.7 blk, 3.2 tov
FG%:50.4%, 3P%:31.5%, FT%:84.7%

[F] デアンドレ・ジョーダン (DAL 13位)
出場試合:48試合 欠場:0試合
11.1 pts, 13.9 reb, 2.0 ast, 0.7 stl, 1.1 blk, 2.3 tov
FG%:64.2%, FT%:67.7%

※リバウンド リーグ2位

[F] スティーブン・アダムス (OKC 3位)
出場試合:47試合 欠場:1試合
15.4 pts, 10.1 reb, 1.7 ast, 1.5 stl, 0.8 blk, 1.6 tov
FG%:61.2%, FT%:56.1%

ウェストのフロントコート、ナゲッツ2位の原動力であるヨキッチはどう考えても確定。アンソニー・デイビスは、チーム順位は低いけど、個人成績は、リーグトップレベルなので確定。ごめんね、デビン・ブッカー。ブッカーもこのレベルの成績ならオールスターだったよ。

クリッパーズもプレーオフ圏内だし、ハリスは選ばれそう。ハリスのシュート率、こんな高かったのね(汗)

あたは、タウンズオルドリッジか。成績ではタウンズが有力。順位ではオルドリッジが有力。タウンズっぽいな。クレイ・トンプソンorデローザン無しで、この二人が選ばれる可能性もありそう。

ドンチッチは、ローズと同様に、成績より活躍してる印象が高いプレイヤー。ワンチャンありそうだけど、申し訳ないが、可能性は低いかな。

ジョーダンもリバウンド以外は目立たないので、落選。順位も下位だし。ジョーダンよりは、ジャズのゴベールの方が選ばれそう。

という事で、アダムスは成績的に落選かな。管理人としては、今シーズン特別手当てをあげたくなるほど働き過ぎなので、選ばれずに休んでほしい。おのれ、ドノバン!(違う) アダムスもオールスターにそんな興味持ってないみたいだし。ゆっくりワンピースでも見ながら休んでください。

ちょっと脱線するけど、ヒールドとハリスの3P%、半端ないね(汗) 46%に43.9%だとさ。逆に、デローザンがウェストブルックより低くてびっくり。昨シーズンはそれなりに入ってたよね?調べたら、31%だったよ。ウェストブルックも今シーズン苦しんでるから、何となく親近感。

もう一つ脱線。ここ数年、オールスター常連のドレイモンド・グリーンを忘れていたので、スタッツを調べてみました。

[F] ドレイモンド・グリーン (GSW 1位)
出場試合:34試合 欠場:14試合
7.1 pts, 6.9 reb, 7.3 ast, 1.6 stl, 0.9 blk, 2.6 tov
FG%:41.9%, 3P%:25.6%, FT%:74.4%

・・・。GSWファンには申し訳ないけど、この成績だと、流石に選ばれないだろうな。いくらウォーリアーズが1位とは言え、これで選ばれたら、忖度が過ぎるよ。

イースタン・カンファレンス

[B] ブラッドリー・ビール (WAS 9位)
出場試合:48試合 欠場:0試合
24.7 pts, 5.1 reb, 5.0 ast, 1.4 stl, 0.8 blk, 2.8 tov
FG%:44.7%, 3P%:37.1%, FT%:90.6%

[B] ザック・ラビーン (CHI 13位)
出場試合:43試合 欠場:6試合
23.0 pts, 4.2 reb, 4.2 ast, 1.0 stl, 0.4 blk, 3.5 tov
FG%:45.2%, 3P%:35.0%, FT%:86.4%

[B]カイル・ラウリー (TOR 2位)
出場試合:40試合 欠場:11試合
14.1 pts, 4.5 reb, 9.4 ast, 1.4 stl, 0.5 blk, 2.8 tov
FG%:41.2%, 3P%:31.6%, FT%:84.0%

※アシスト:リーグ2位

[B] ドウェイン・ウェイド (MIA 7位)
出場試合:38試合 欠場:9試合
13.8 pts, 3.7 reb, 4.1 ast, 0.6 stl, 0.5 blk, 2.2 tov
FG%:42.7%, 3P%:32.6%, FT%:68.6%

※ファン投票 イースタン バックコート部門 第2位

[B] ベン・シモンズ (PHI 4位)
出場試合:48試合 欠場:1試合
16.6 pts, 9.5 reb, 8.3 ast, 1.1 stl, 0.7 blk, 0.8 tov
FG%:57.8%, FT%:57.6%
※ファン投票 イースタン バックコート部門 第4位

[B]クリス・ミドルトン (MIL 1位)
出場試合:45試合 欠場:2試合
17.3 pts, 5.8 reb, 4.1 ast, 1.1 stl, 0.1 blk, 2.2 tov
FG%:43.2%, 3P%:37.5%, FT%:84.6%

[B] ディアンジェロ・ラッセル (BKN 6位)
出場試合:49試合 欠場:1試合
19.2pts, 3.8 reb, 6.4 ast, 1.1 stl, 0.3 blk, 2.9 tov
FG%:43.8%, 3P%:37.6%, FT%:80.9%

[F] ブレイク・グリフィン (DET 10位)
出場試合:46試合 欠場:2試合
26.5pts, 8.1 reb, 5.2 ast, 0.8 stl, 0.5 blk, 2.8 tov
FG%:48.2%, 3P%:36.5%, FT%:76.0%

[F] ニコラ・ブチェビッチ(ORL 11位)
出場試合:48試合 欠場:1試合
20.6 pts, 11.9 reb, 3.8 ast, 1.0 stl, 1.1 blk, 2.0 tov
FG%:52.1%, 3P%:38.0%, FT%:77.2%

[F] ジミー・バトラー(PHI 4位)
出場試合:38試合 欠場:11試合
19.6 pts, 4.9 reb, 3.7 ast, 2.0 stl, 0.6 blk, 1.5 tov
FG%:47.4%, 3P%:38.3%, FT%:84.5%

※ファン投票 イースタン フロントコート部門 第5位

[F] ジェイソン・テイタム(BOS 5位)
出場試合:38試合 欠場:9試合
16.3 pts, 6.2 reb, 1.8 ast, 1.0 stl, 0.8 blk, 1.6 tov
FG%:42.7%, 3P%:32.6%, FT%:68.6%

※ファン投票 イースタン フロントコート部門 第4位

[F] アンドレ・ドラモンド(DET 10位)
出場試合:45試合 欠場:3試合
16.5 pts, 14.9 reb, 1.2 ast, 1.6 stl, 1.6 blk, 2.5 tov
FG%:49.9%, 3P%:13.3%, FT%:52.8%

※リバウンド リーグ1位

せっかくだからイーストも。うん、そうだね。ウェストからやったのは失敗だった。いや、良い成績残しているんだけど 、ウェスト見たあとだと、ちょっとパンチが弱いかな…。ローズは、今からイーストに移籍すれば選ばれそう。

バックコート、フロントコート関係なく、確定と思われるメンバーから挙げます。ビールグリフィンブチェビッチは成績で確定かと。有力なのは、ミドルトンシモンズラッセル。バックス1位なので、ミドルトンは入るかなと。

シモンズラッセルも、それぞれチームをプレーオフ4位、6位に牽引する活躍はしているので。ラッセル選ばれたら、レイカーズは複雑だろうな。でも、ネッツだから伸びたんだと思うけどね。ラビーンはブルズの順位が低いから選ばれないんじゃないかな。デビン・ブッカーと同じ理由。

フロントコートから、あと一人。テイタムはオールスターと呼ばれるほどの成績は残してないし、チームも上位ではないから落選。ドラモンドもチーム順位がなぁ・・・。

という訳で、消去法でジミー・バトラー。イーストも選ぶのは難しいよ。もしかしたら、今年で引退のウェイドも可能性あるかもね。そしたら、さっき選んだ中から一人落選か・・・。ラウリーはチーム上位だけど、スタッツ的には弱いかな。ラプターズは、レナードとラウリー以外も活躍しているからね。̪̪シアカムとか。

意外と、NYKのティム・ハーダウェイJr(19.4pts)やATLのジョン・コリンズ(19.3pts)、PHIのJJ・レディック(18.4pts)の方が選ばれるかも。あ、ジョン・コリンズは、欠場数多かったので無いか。

まとめ

という訳で、選ばれそうな人をまとめました。△は選ばれる可能性があるという意味です。

管理人の予想は、外れる可能性も十分にありますので、こんな考えなのか程度で、右から左に受け流していただければ幸いです。

予想してて思ったけど、選ぶ人の好みとかもあるから、オールスターを選ぶって難しいね。全員が納得するメンバー選定は、できないよ。

ウェスタン・カンファレンス

  • ラッセル・ウェストブルック
  • デイミアン・リラード
  • ドノバン・ミッチェル
  • 二コラ・ヨキッチ
  • アンソニー・デイビス
  • カール・アンソニー・タウンズ
  • クレイ・トンプソン(△)
  • デマー・デローザン(△)
  • ラマーカス・オルドリッジ(△)

イースタン・カンファレンス

  • ブラッドリー・ビール
  • ブレイク・グリフィン
  • 二コラ・ブチェビッチ
  • クリス・ミドルトン(△)
  • ベン・シモンズ(△)
  • ディアンジェロ・ラッセル(△)
  • ジミー・バトラー(△)
  • ドウェイン・ウェイド(△)

追記(2019/01/27)

書き忘れてたことがあったので、追記します。

オラディポは、ケガしてなかったら、確実にオールスターだったよ。ウェストブルックと一緒のチームでプレーしているところを見たかったので、本当に残念・・・。

ペイサーズは上位なので、代わりに誰か選ぼうかとも思ったんだけど、ちょっとスタッツ的に弱いかなと思って見送りました。ただ、今回調べて思ったけど、ペイサーズって得点のバランス良いね。平均20点越えの選手がいないんだけど、全体的にFG%と3P%が高め。どっちもリーグ5位だったよ。ベンチからも平均二桁取る選手が二人出てくるし、相手からしたら的を絞りづらい。

欲を言うと、サンダーもこの路線目指せればいいな。ウェストブルックとポジョ、シュルーダーに依存しちゃうと負荷がかかっちゃうし、相手もディフェンスの的を絞りやすいし。そして、サボニスは伸びたなぁ・・・。元々、サンダーにいた時から、ポテンシャルはあったので、今の活躍は納得。

ウォールがケガしてなくて、8位以内に入ってたら、 ウォールもかなり有力だったと思う。 ウィザーズもいまいち調子上がってないし、ウォールいたら上がってたかはわからない。たられば。

Pocket

-NBA

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【NBA】全チームのオールスターブレーク明けの成績を見てみよう

今回はNBA全体のお話です。そろそろプレーオフ出場や順位が気になってくる時期なので、最近好調なチームや不調なチームを知りたいなと思い、最近の成績を調べてみました。まずは、2月の成績から見てみましょう。 …

【NBA】現役のフランチャイズ・プレイヤーが減ってしまった件について

今年の3月に、現役で頑張っているフランチャイズ・プレーヤーについての記事を書きました。 【NBA】現役のフランチャイズ・プレイヤーって、どれだけいるのか? フランチャイズプレイヤー。 他のチームに移籍 …

【NBA】MIPを獲得した選手について、獲得前後のシーズン成績を比較してみた

シーズンを通じて、リーグで最も成長した選手に送られる、MIP(Most Improved Player)。 今回は、MIPを獲得した選手における、獲得したシーズンと獲得前後のシーズンの成績を調べてみま …

スタッツに関する項目について

PTS:得点FGA:フィールドゴール試投数FG%:フィールドゴール成功確率3PA:スリーポイントシュート試投数3P%:スリーポイントシュート成功確率2PA:ツーポイントシュート試投数 2P%:スリーポ …

【NBA】スリーを打つ回数が少ないのは、どのチーム?

最近のNBAでは、以前に比べて、スリーが重要視され、スリーを打つセンターも増えてきました。バックスのロペスとか、エンビードとか、タウンズとか。 となると、全体的にスリーを狙う回数も増えてそうなので、ち …

名前:RSWB0

性別:男性

職業:システムエンジニア
性格:ちょっと気まぐれ

趣味:バスケットボール。NBA観戦。

オクラホマシティ・サンダーとラッセル・ウェストブルックのファン。

バスケ経験者だけど、戦術とかはあまりよく分かってない(笑)

twitterやってます!
NBAとサンダーに関することを中心に呟いてます。
https://mobile.twitter.com/RSWB_0

記事に記載しているスタッツは、下記を参照しています。
https://www.basketball-reference.com/