NBA・OKC&HOUと「Why not?」

ラッセル・ウェストブルック(Russell Westbrook)、オクラホマシティ・サンダー(OKC Thunder)、ヒューストン・ロケッツ(Houston Rockets)を中心に、NBAに関して、主観で興味のあることを書くブログ

NBA

【NBA】スリーを打つ回数が少ないのは、どのチーム?

投稿日:2019年3月10日 更新日:

Pocket

最近のNBAでは、以前に比べて、スリーが重要視され、スリーを打つセンターも増えてきました。バックスのロペスとか、エンビードとか、タウンズとか。

となると、全体的にスリーを狙う回数も増えてそうなので、ちょっと調べてみました。多いチームは、何となく予想がつくんだけどね(苦笑)

ちなみに、今回調べたデータは、
日本時間で、2019/03/10 AM0時 時点のものです。

スリーを打つ回数が多いチームは?

Rankチーム3PA3P%2PA2P%
1ロケッツ44.634.9%42.255.3%
2バックス37.935.1%52.856.7%
3マブス35.934.1%50.250.2%
4ホークス35.835.3%54.554.5%
5ネッツ35.535.3%53.753.7%
6セルティックス34.936.5%55.452.6%
7ピストンズ34.534.8%54.050.5%
8ウォリアーズ34.238.0%55.655.5%
9ジャズ34.034.9%52.153.5%
10ウィザーズ33.534.4%56.454.5%
11ホーネッツ33.435.1%56.350.8%
12ラプターズ33.335.0%56.753.9%
13ヒート32.435.6%55.150.9%
14サンダー31.734.6%62.351.4%
15マジック31.535.5%57.050.6%
16ナゲッツ31.335.5%59.152.6%
17ブレイザーズ30.835.7%59.352.0%
18シクサーズ30.735.9%56.953.2%
19レイカーズ30.533.5%59.854.5%
20キングス29.937.6%62.950.5%
21サンズ29.332.8%57.852.3%
22ニックス29.234.1%60.447.7%
23ペリカンズ28.934.7%62.453.7%
24キャブズ28.736.0%58.548.0%
25ウルブス28.435.2%62.750.4%
26グリズリーズ 27.633.8%55.750.7%
27ブルズ 26.835.2%60.649.8%
28ペイサーズ 25.837.6%61.252.1%
29クリッパーズ 25.438.2%61.950.3%
30スパーズ 25.039.9%63.350.8%

という訳で、スリーを打つ回数が多いチームはロケッツで、少ないチームはスパーズでした。でも、スパーズの3P%は1位なんだね。逆に、2PAはリーグ1位。そりゃそうだ。

ロケッツはスパーズと逆で、スリーを打ちまくって、2PAはリーグ最下位。どっちも徹底してるね。

そういえば、ポポビッチはスリーを好まないって話は聞いたことがあるんだ。それと連動してかは分からないけど、確率の低いシュートは打たせないように指導してるから、スリーもなるべくタフショットは打たせないようにしてるとか。確かに、昔からそのイメージがあるよ。

スパーズは、パス回しが上手く、なるべくオープンでスリーを打たせるように、オフェンスを展開するよね。確率の高いシチュエーションでのみスリーを打たせるから、3P%が高いのは納得。ポポビッチのカラーが出てるし、芸術的でもあるんだ。

そういう意味では、ペイサーズとクリッパーズも3PAは少ないけど、3P%は高いんだ。ペイサーズの3P%はリーグ5位だし、クリッパーズの3P%は2位。3P%の高いチームは、スリーを乱発せず、確率の高いシュートを打たせるように、チームオフェンスを構築させているんだろうね。

逆に、 ロケッツは「モーレイボール」と呼ばれる、
スリーポイントとゴール下(またはダンク)とフリースローの3点を軸に攻めて、ミドルシュートをなるべく避けるシステムを採用しているから、3PAがダントツなのも納得。ミドルは効率が良くないという考え方。

スパーズは、ミドルが多いチームだから、ロケッツとは逆だよね。ここまで対照的なのも面白いな。

ただ、気になったのは、ロケッツの3P%は34.9%でリーグ20位と、そんな良くないんだ。その分、2P%が55.3%でリーグ3位。2P%が高いから、オフェンスの効率が良くなってるのかも。

また、バックスみたいに、インサイドで攻められるヤニスがいるから、シューターを多く揃えているチームも3PAが多い模様。 ロペス、ミドルトン、イリヤソバ・・・。 レブロンがいた時のキャブスもそんなイメージ。

最近、バックスに、ミロティッチやパウ・ガソルが入ったから、3PAは増えるかもね。と思ったけど、パウは3PAそんな多くなかった(汗) キャリアでも1.6が最高だったよ。何故か、結構打ってるイメージがあったけど、気のせいだった模様。

ちなみに、スリー打つ数が多い選手も調べてみました。

スリーを打つ回数が多いプレーヤーは?

Rankプレーヤー3PA3P%
1ジェームズ・ハーデン13.436.2%
2ステフィン・カリー11.843.4%
3ポール・ジョージ9.839.0%
4ケンバ・ウォーカー9.235.2%
5エリック・ゴードン8.633.7%
6JJ・レディック7.938.2%
7デイミアン・リラード7.936.6%
8クレイ・トンプソン7.740.6%
9バディ・ヒールド 7.644.2%
10ディアンジェロ・ラッセル7.536.8%

やっぱりハーデンが1位。こうしてみると、カリーって改めて化け物レベル。12本近くスリー打って、43.4%ってヤバいな。クレイも40%越えだし、スプラッシュブラザーズは脅威過ぎるね(汗)

よく見ると、ヒールドの3P%ってカリーより高いんだね。ヒールドがキングス躍進の一因になってるだけあって、かなりの高確率。羨ましい(苦笑)

ということで、スリーを打つ回数で、チームの特徴の一部が表れるという、ちょっと興味深い結果になりました。スリーの回数は少ないけど、スリー自体は高確率というチームがクリッパーズやペイサーズと、 スパーズ以外にもいたのが、個人的には発見でした。

スリーを打つ回数が、チームカラーによるもので、スリーの確率や順位とあまり連動してないのも面白かったです。

Pocket

-NBA

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【NBA】オールスターに選ばれるのは誰なのかをスタッツ(+α)から見てみよう

ポール・ジョージが、オールスターのスターターに選ばれました!やったね。成績もリーグトップレベルで、ゲームウィナーも2度出してるしね。 ウェストブルックは、残念ながらスターターは落選。カリーが平均で30 …

スタッツに関する項目について

PTS:得点FGA:フィールドゴール試投数FG%:フィールドゴール成功確率3PA:スリーポイントシュート試投数3P%:スリーポイントシュート成功確率2PA:ツーポイントシュート試投数 2P%:スリーポ …

【NBA】イースタン・カンファレンスのプレーオフ争いが激戦すぎる件

まずは、こちらをご覧ください。 イースタン・カンファレンスでは、熾烈なプレーオフ争いが繰り広げられていました。10位のホーネッツも、まだプレーオフの可能性があるよ。ヒートは、今日ウルブズに負けたのが痛 …

【NBA】現役のフランチャイズ・プレイヤーって、どれだけいるのか?

フランチャイズプレイヤー。 他のチームに移籍せず、キャリア開始時から同じチームで戦い続ける選手です。 昨オフ、スパーズのマニュ・ジノビリ(2003~2018)、サンダーのニック・コリソン(2004~2 …

【NBA】今季、フリースローで点を取っているチームは?

接戦になると、重要度が増すフリースロー。どれだけ確実に決められるかが、勝負の分かれ目のひとつとなります。 という事で、まずは今シーズンにおいて、フリースローで点を取っているプレイヤーを調べてみました。 …

名前:RSWB0

性別:男性

職業:システムエンジニア
性格:ちょっと気まぐれ

趣味:バスケットボール。NBA観戦。

オクラホマシティ・サンダーとラッセル・ウェストブルックのファン。

バスケ経験者だけど、戦術とかはあまりよく分かってない(笑)

twitterやってます!
NBAとサンダーに関することを中心に呟いてます。
https://mobile.twitter.com/RSWB_0

記事に記載しているスタッツは、下記を参照しています。
https://www.basketball-reference.com/