NBA・OKC&HOUと「Why not?」

ラッセル・ウェストブルック(Russell Westbrook)、オクラホマシティ・サンダー(OKC Thunder)、ヒューストン・ロケッツ(Houston Rockets)を中心に、NBAに関して、主観で興味のあることを書くブログ

Thunder Player

【OKC】「らしさ」が戻ってきた、ラッセル・ウェストブルック

投稿日:2019年3月14日 更新日:

Pocket

オールスター明けから、シュートタッチ好調という噂が出てる、ラッセル・ウェストブルック。

以前、サンダーのスリーが入らなくなったことを記事にした時、ウェストブルックの3P%が良くなってたから、何となく調子上げてきてる事は知ってたよ(←ドヤ顔)

あっ、今のドヤ顔でフォロワーとブログの読者が減った・・・(後悔)

オールスター後のサンダーのスリーを調べた時は、ウェストブルックのスタッツを全部見てなかったので、オールスター前と後のスタッツを調べて比べてみました。今日のネッツ戦までのスタッツね。

例のごとく、スタッツについて先に補足しておくと、MPが出場時間、PTSが得点、TRBがリバウンド、ASTがアシスト、STLがスティール、BLKがブロック、TOVがターンオーバーね。FG%~FT%までは、それぞれのシュート数と成功率を示してます。



オールスター前後における、ウェストブルックのスタッツ

オールスター前オールスター後
MIN35.636.7
PTS21.730.1
FG%41.7%47.8%
3PA4.78.7
3P%24.9%38.5%
2PA15.014.5
2P%47.0%53.5%
FTA6.37.3
FT%65.6%62.5%
TRB11.210.5
AST11.27.3
STL2.21.1
BLK0.40.5
TOV4.64.8

オールスター明けの得点が凄いことになってたよ!
平均30点越えしてたとは、思わなかったな。 2P%と3P%共に、激しく上昇してるじゃないか!?

完全にシュート入らない呪いを解き始めたウェストブルック。噂によると、最近シュート入り始めたのは、ポジョのシュート力を吸収したからだとか・・・。なにそれこわい(汗)

でも、最近のポジョが絶不調だった理由についての説明がつくな(←つかない) でも、それなら味方じゃなくて、相手のシュート力を吸収してくれ(懇願)

スリーが入り始めたウェストブルック

スタッツをよく見ると、2PAはほとんど変わらずで、3PAが倍近く増えてました。確率が上がったスリーを多く打つことで、得点が大きく伸ばした模様。

スリー入り始めたから打つ数が増えたのか、打つ数が増えたから入り始めたのか、どっちなんだろうね。

とはいえ、入らない日もあって、その日は本当に入らないんだ(苦笑) シクサーズ戦は11.1%(1/9)、クリッパーズ戦は22.2%(2/9)と絶不調。

でも、ホームでのジャズ戦は46.2%(6/13)、ブレイザーズ戦は62.5%(5/8)、ネッツ戦は50.0%(4/8)と勝利の一因となってたよ。凄い高確率だな!?こう見ると、ギャンブル感が強いよね(苦笑)

アウェイのジャズ戦では、4Qにディープスリー打ってたけど、マッチアップしてたオニールは、ノーチェック。カリーだったら、絶対慌ててチェック行ってただろうけど、相手はウェストブルック。結構遠かったし、入るとは思わないよね(汗)

そして、「打ちやがった!?」と思わず叫んだ管理人(笑) きっと、サンダーファンの方で、同じこと思った人は多いはず(汗) しかし、沈めるウェストブルック。入らないと思って、すみませんでした!(土下座)

今日のネッツ戦でも、3Q序盤にラッセルがウェストブルックを離して付いてたので、ウェストブルックがここぞとばかりにスリーを打って、しっかり沈めてたよ。どうしたんだ、ウェストブルック。良い意味でね。

入らなそうなスリーを決めてくる、らしくないウェストブルック。いや、入らないと思わせるスリーを決めてくるから、ウェストブルックらしいのか。

・・・ラッセルとウェストブルックって言うとややこしいな(苦笑) ディアンジェロ・ラッセルとラッセル・ウェストブルックね。決して、言いたかっただけじゃないぞ。

シュートエリアごとの確率を見てみよう

確率だけ見ても分かりづらいので、 NBA公式のスタッツより、エリアごとのシュート率を見てみましょう。

まずは、オールスター前のシュート率。

赤いエリアが、リーグ平均より5%以上低いエリアで、緑のエリアが、リーグ平均より5%以上高いエリアです。

リーグ平均より5%以上低いエリアが7つもあるよ(汗)
しかも、20%以下のエリアが3つもあり、明らかに苦しんでいたウェストブルック。

続いて、オールスター後のシュート率。

なんということでしょう!? 劇的ビフォーアフター的な状態に。リーグ平均より5%以上低いエリアが7つから3つに減り、リーグ平均より5%以上高いエリアが2つから5つに増えました。どんな匠の技を使ったのか。

トップと右45度のスリーが苦手だったのに、一気に改善したウェストブルック。どんな魔法を使ったのか。

そういえば、最近はドライブからのレイアップも入り始めてきた印象。あ、でも今日1本外してたな・・・。やっぱ、気のせいかも(苦笑)

シュート数の割合で見ると、確率の低いエリアは、エリア合計でシュート全体数の10%を切っているので、あまり問題なさそう。

ただ、スリーの数が増加したことで、気になることも。ウェストブルックがスリー不調だった場合に、どうするかが課題だね。

不調でもひたすらスリーを打ち続けるのか、確率の高い2点シュートの数を増やしていくのか。ここの判断が勝負を分けそう。好調だったら、スリー打っていいんだけどね。

その他のスタッツについて

FG%が上がっているのは分かったけど、下がっているスタッツもあるよね。そのなかでも、やっぱり目立つのは、これかな。

「フリースローが入らない」

FG%上がってスリーも入るようになったのに、何でフリースローの確率下がってんだよ(苦笑) 65.6%から62.5%に下がっていたよ。

明確に、フリースローが弱点となっているウェストブルック。このままだと、プレーオフで「ハック・ア・ウェストブルック」されるぜ!?(汗)

ただ、フリースローに関しては、頑張れとしか言えないよね。完全には、呪いが解けていない模様。せめて、70%まで上げてくれれば(懇願)

もう一つ大きく下がったスタッツは、アシストだね。でも、これはウェストブルックの問題じゃない気がするよ。

以前、スリー入らない問題で書いた気がするけど、オールスター明けから、皆フリーで打っても入らなくなってるんだ。特に、ファーガソンとポジョとシュルーダーね。

ウェストブルックは、オールスター前と変わらずに、シュートパスを出してるんだけど、打たせても入らないければ、アシスト増えないよね。

もしかしてだけど、ウェストブルックは、ポジョだけでなく、ファーガソンやシュルーダーのシュート力を吸収した説が出てきたよ(汗) いやいや、まさかね・・・。

あとは、スティールかな。半分に減ってたよ(驚愕) オフェンスにエネルギーを費やしている分、スティールする体力は、抑えているのかい!? でも、今日のネッツ戦は、スティール多かったけどね。

戻ってきた、ウェストブルックらしさ

今日のネッツ戦について語るけど、試合見てない人はぜひとも見てね(宣伝)

今日のネッツ戦、前半は全然点が取れず、苦しんでいたサンダー。ポジョのシュートタッチもいつもより悪く、アダムスは前半絶不調。そんな中、ウェストブルックが前半17点と何とかつないでいました。

3Qは、序盤からラッセルからスティールしたり、アリウープに近いパスを阻止したりで、ウェストブルックらしいハッスルプレー連発。

ウェストブルックの頑張りに、ポジョをはじめとした全員が引っ張られ、逆転に成功し、4Qではウェストブルックが流れを引き寄せる働きで、一気に点差を離しました。4Qは、ウェストブルックが出てから、ほとんどの得点に絡んでたんじゃないか!?

今日の試合を見終えた後、何か懐かしい感じがしたんだよね。何だろうと思ってたんだけど、これって、16-17シーズンのウェストブルックに近いんだ。MVPラス。違ったらごめん(笑)

ハッスルプレーして、スリーも決めて、アシストも重ねて、ベンチでも応援して、チームを引っ張った、ウェストブルック。ターンオーバーも多かったけど、それはいつも通りなので、ご勘弁願いたいところ(苦笑)

今シーズンはポジョが引っ張ってたけど、ナゲッツ戦の負傷から、なかなか調子が上がってこない緊急事態に。そんな危機的状況の中、覚醒し始めたウェストブルックに、頼もしさを覚えずにはいられません。

オールスター明けから今日までの11試合では、5勝6敗ですが、ここ4試合では、3勝1敗。しかも、強豪のブレイザーズとジャズに、アウェイで勝利してるので、チームとしても、調子は上がってきてます。

ブレイザーズ戦では、オーバータイムで逆転のスリーを決めたり、ファーガソンがマッカラムをブロックした後のリバウンドを取ってすぐ、一人で速攻のレイアップを仕掛けて、勝利を近づける得点を取ってました。

それにしても、なんで延長であんな速攻しかけられるんだ(笑) 延長でも、疲れなかったウェストブルック。実は双子だったとかじゃないよな・・・?

アウェイのジャズ戦では、先程述べたディープスリーに加えて、ゴベールをまさかのブロック!なんで、ウェストブルックより26cmも高いゴベールをブロックできるんだ!?驚異的なウェストブルック。

また、前半終了時には、ドライブでディフェンス二人の間を切り裂いた後、ヘルプのディフェンスをかわしての凄まじいレイアップを決めるなど、確実にウェストブルックらしい驚異的なプレーが出てきています。

今後の日程も厳しく、ウェストブルック以外も調子を上げないとキツイのは事実ですが、 覚醒し始めたウェストブルックがいれば、何とか勝ち星を重ねられるのではと思います。

やっと調子を上げてこれたウェストブルック。サンダーファン、ウェストブルックファンが待望していた、今の活躍を維持して、サンダーに勝利をもたらしてくれることを願ってます。

Pocket

-Thunder Player
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【OKC】ようこそ、マーキーフ・モリス

朝起きたら、こんなニュースが。 マーキーフ・モリス、サンダーと契約! ビックリして、一気に目が覚めました(笑) Twitterのタイムラインが、歓喜のツイートで溢れてたよ。 モリスは双子で、弟のマーカ …

【OKC】サンダーを支えるスティーブン・アダムス、実は最近不調だった事が発覚!?

サンダーのインサイドを支えるスティーブン・アダムス。最近では、アクアマンとか言われてるよ。映画だけど、激似すぎてびっくり。 そんなアクアマンの・・・、じゃなかった、アダムスのオフェンス面を見ると、ゴリ …

【OKC】ドノバン、ナーレンズ・ノエルをもっと出そうぜ!

前回、アダムスが2月に入ってから、スタッツが落ちていることを書きました。実は、人知れず苦しんでいたアダムス。 【OKC】サンダーを支えるスティーブン・アダムス、実は最近不調だった事が発覚!? アダムス …

【OKC】ラッセル・ウェストブルックがトリプルダブルした時の勝率をシーズンごとに調べてみた

ラッセル・ウェストブルック、「シーズン平均トリプルダブル」達成! これで、3シーズン連続だってさ。マジで半端ないぜ! 昨季はシーズン最終戦で達成したから、劇的な感じだったけど、今季はあっさり達成してた …

【OKC】ポール・ジョージの活躍が凄まじい件と、それに伴うサンダーの不安要素

今シーズンのサンダーで一番活躍している人と言えば、誰を思い浮かべますか? もちろん、我らがウェストブルックやアダムスを思い浮かべる人も多いと思います。しかし、今シーズンのサンダーを支えているのは、ポー …

名前:RSWB0

性別:男性

職業:システムエンジニア
性格:ちょっと気まぐれ

趣味:バスケットボール。NBA観戦。

オクラホマシティ・サンダーとラッセル・ウェストブルックのファン。

バスケ経験者だけど、戦術とかはあまりよく分かってない(笑)

twitterやってます!
NBAとサンダーに関することを中心に呟いてます。
https://mobile.twitter.com/RSWB_0

記事に記載しているスタッツは、下記を参照しています。
https://www.basketball-reference.com/