NBA・OKCと「Why not?」

NBA全般に関して、またはオクラホマシティ・サンダー(OKC Thunder)を中心に、主観で興味のあることを書くブログ

Thunder Player

【OKC】ジェラミ・グラントは、パスカル・シアカムのようになれるのか

投稿日:

Pocket

ファイナル第1戦を見て、シアカムが活躍してたので、書いてみよう。

えっ、サンダー補強の後編!? ナンノコトカナー(棒読み)

そういえば、アダムスとジェラミとファーガソンと指名権で、ビール(とハワード?)をトレードで獲得する噂があったけど、きっと実現しないって。そもそも、プレスティは噂になったトレードについては、ほとんどやらないしね。

ちなみに、管理人は反対派。ビールは凄く美味しいから魅力的・・・、じゃなかった、凄く魅力的な選手だけど、インサイドどうするのさ?悪いが、ハワードは当てにならないんだぜ(汗) あと、ジェラミは出しちゃダメ、絶対。

では、本題にいきましょう。

シーズン中から、ジェラミはシアカムのようになれれば良いという意見が、結構出てた覚えがあります。

ジェラミとシアカムは、共に、今シーズンからスタメンになり、 出場時間が約20分から約32分に増加しました。ジェラミは最初控えだったけど、パトパタからスタメンの座を奪いました。頑張ろう、パトパタ。

ちなみに、身長は共に206cmで、体重はシアカムの方が5kg重いよ。ジェラミ99kgで、シアカム104kgね。

学年違うけど、誕生日が1ヶ月弱しか違わず、現時点では同い年(25歳)。ただ、キャリアはジェラミが2つ先輩。

と、プレー以外で似たような点が結構あった二人ですが、今シーズンのスタッツは、それぞれどんな感じだったかを調べてみました。

ジェラミとシアカムのスタッツ

今シーズンのジェラミとシアカムのスタッツを比較してみました。

ジェラミシアカム
MIN32.731.9
PTS13.616.9
FG%49.7%54.9%
3PA3.72.7
3P%39.2%36.9%
2PA6.69.1
2P%55.5%60.2%
FTA2.83.8
FT%71.0%78.5%
ORB1.11.6
TRB5.26.9
AST1.03.1
STL0.80.9
BLK1.30.7
TOV0.81.9

出場時間は同じくらいですが、ジェラミが上回っていたのは、3PA、3P%、BLK、TOVの4つ。それ以外はシアカムが上回っていました。まぁ、ジェラミとシアカムでは、チームでの役割が違うのも影響してるかと。

ある程度、役割が限定されているジェラミに対して、シアカムは結構何でもやってました。シアカムのプレーについては、後で述べてみよう。

このスタッツを見る限りだと、まずはFT%と2P%について、シアカムと同じレベルまで上げてくれると助かるかと。

ちなみに、実はサンダーで1番3P%が高かったジェラミは、コーナーで待ってることが多かったね。ちなみに、ジョージの3P%は38.8%。まぁ、似たような数字。

昨シーズンから、どれだけ上昇したのか?

で、二人とも昨シーズンよりプレータイムが多くなったので、スタッツがどれだけ伸びたのかを調べてみました。

ジェラミシアカム
MIN+12.4
(20.3→32.7)
+11.2
(20.7→31.9)
PTS+5.2
(8.4→13.6)
+9.6
(7.3→16.9)
FG%-3.8%
(53.5%→49.7%)
4.1%
(50.8%→54.9%)
3PA+2.3
(1.4→3.7)
+1.1
(1.6→2.7)
3P%+10.1%
(29.1%→39.2%)
+14.9%
(22.0%→36.9%)
2PA+2.3
(4.3→6.6)
+4.6
(4.5→9.1)
2P%-5.8%
(61.3%→55.5%)
-1.0%
(61.2%→60.2%)
FTA-0.2
(3.0→2.8)
+2.7
(1.1→3.8)
FT%+3.5%
(67.5%→71.0%)
+16.4%
(62.1%→78.5%)
ORB+0.1
(1.1→1.2)
+0.6
(1.0→1.6)
TRB+1.3
(3.9→5.2)
+2.4
(4.5→6.9)
AST+0.3
(0.7→1.0)
+1.1
(2.0→3.1)
STL+0.4
(0.4→0.8)
+0.1
(0.8→0.9)
BLK+0.3
(1.0→1.3)
+0.2
(0.5→0.7)
TOV+0.1
(0.7→0.8)
+1.1
(0.8→1.9)

これは、シアカムがMIP不可避!ただ、ジェラミも十分伸びてるよ。相手が悪かった(汗)

二人とも、スタッツが上昇してました。プレータイムが伸びたから、スタッツが良くなるのは当然なんだけど、プレータイムに関係の無いFT%や3P%も上昇してたのは、お見事。

ってか、シアカムのFT%と3P%、上がりすぎじゃね!?ジェラミが霞んで見えてしまう…(汗)

サンダーは、今すぐシアカム担当のシューティングコーチを雇うんだ!まず改善してもらいたいのは、ウェストブルックとロバーソンとディアロとアダムスと・・・。えっ、サンダーって、シュート要改善プレイヤー多すぎ!?(涙目)

ジェラミは、去年よりもスリーを打つことが多くなったせいか、フリースローを打つ回数が減ってました。オフェンスリバウンドが増えてないのも同じ原因っぽい。

アダムスがオフェンスリバウンド抑えられたときに、ジェラミがもう少し取ってくれると大分助かるんだけどね(汗)

実は、オフェンスリバウンドを取れるロバーソンが戻ったら、チームとしては、少しは改善されるかもだけど。

ジェラミとシアカムのシュート率を見てみよう

次に、エリアごとのシュート率を見ていきましょう。

まずは、ジェラミ。

そこまで苦手なエリアは無かったジェラミ。しいて言えば、リム周りからちょっと離れたところが苦手かな?

では、シアカム。

シアカムの方が極端だったのか。トップからのスリーは苦手だったのね(汗)

ジェラミとシアカムを比較すると、スリーはジェラミの方が高く、ペイントエリアはシアカムの方が高かったね。さっきのスタッツを見てれば、予想通りか。

シアカムはリム周りのシュートがジェラミより約180本多く、成功率も3%違います。シアカムの2P%が高い理由を確認するために、シュートごとの成功率を見てみよう。

■シュートごとの成功率

ジェラミシアカム
アリウープ84.2%
(32/38)
76.9%
(10/13)
バンクショット68.8%
(11/16)
60.3%
(35/58)
ダンク90.2%
(101/112)
96.7%
(58/60)
フェイダウェイ47.8%
(11/23)
40.0%
(6/15)
フィンガーロール75.0%
(12/16)
64.6%
(42/65)
フックシュート 50.0%
(6/12)
50.5%
(46/91)
ジャンプシュート
(2P)
36.4%
(48/132)
47.6%
(88/185)
ジャンプシュート
(3P)
39.2%
(115/293)
36.9%
(79/214)
レイアップ 51.1%
(135/264)
62.9%
(248/394)
ティップシュート 41.7%
(5/12)
59.1%
(13/22)

こうしてみると、ダンクやアリウープもジェラミの方が多いんだね。エリアごとの確率を見てたらちょっと予想外かも。レイアップやフック、フィンガロールはシアカムの方が多いね。一番打っているレイアップの確率が良いので、リム周りで確率が良かったのは、ここが一番の原因っぽい。

ジェラミとシアカムで差が出ていたのは、2Pのジャンプシュートとレイアップ。特に、レイアップは打っている本数が多いので、ジェラミはレイアップの確率を上げたいところ。欲を言えば、2Pのジャンプシュートもだけどね。

あと、ファイナル第1戦見てて思ったのは、シアカムって、速攻でよく先陣を切って走るね。レイアップの成功率が高い一因になってそう。憶測だけど(苦笑) ジェラミも走るけど、言うほどガンガン走るタイプじゃないから、真似してほしいな。

シアカムのプレースタイルをサンダー戦で確認しよう

管理人が今シーズンのシアカムを初めて見たのは、3月にあったサンダーとの試合。試合間で空き日はあったけど、連戦だったね。

マジでアンストッパブルだったので、まずはシアカムのプレースタイルを確認しよう。

まずは、サンダーホームでの試合。

かなり衝撃的でした。リバウンド取ってから、そのまま自らボールプッシュするんだけど、そこからの選択肢が豊富。そのままポストプレー仕掛けたり、レイアップ決めたり、アウトナンバーにアシストしたり。

あれ!?やってること、ウェストブルックじゃん(苦笑)

身長がある分、ミスマッチ作れるから、相手からしたら、ウェストブルックよりダルい気がするよ(汗) 試合序盤では、ボールプッシュしてきたシアカムに対し、ファーガソンが付いたから、ゴリゴリ押し切られてしまってたね(汗) とりあえず、ファーガソンはオフで筋肉つけてね(汗)

ハーフオフェンスでも、ドリブルからのレイアップが止められず・・・。マッチアップ代えても、同じことやられ過ぎだったサンダー。まるで学習していない・・・(汗)

この試合のFG%は、圧巻の66.7%(14/21)でしたとさ。この試合見た時は、何でオールスターじゃないんだと、マジで思ったよ(驚愕)

続けて、さっきの試合の二日後に行われた、アウェイの試合。

ここでは、ジェラミがシアカムのポストプレーを止められずに、苦戦。シアカムのポストプレーって、ゴリゴリ押し込んでくるんだけど、たまにフック気味のレイアップもやってくるから、パターンを絞りにくそう。

また、ウェストブルックのドライブをブロックするなど、厄介すぎるほどに活躍されてました。サンダーホームでの試合でもそうだったけど、ウェストブルックにシアカムが付いてたからね(汗) 厄介だった。

なお、この試合のFG%は、64.3%(9/14)。これはもうオールスターですね(汗)

ちなみに、この試合に関して言えば、シアカムのポストプレーに対して、一番効果的だったのは、ウェストブルックを付けることだった気がする(汗) なんでだよ(苦笑) でも、1度完璧に止めてたんだよね・・・。上記の動画には載ってなかったし、うろ覚えだけど。

また、ファイナルの第1戦を見てて思ったのは、ボールプッシュをするときもあれば、速攻で先陣を切って走る時もあるよね。ペースが速い試合にも対応できるし、シアカムってレイアップ上手いから、速攻の場面で1対1だったら、高確率で点を取れそう。

ジェラミも走るけど、言うほどガンガン走るタイプじゃないから、真似してほしいなー。欲張りかな?

ジェラミがシアカムのように活躍するには?

前述したけど、ジェラミは役割が限定されているけど、シアカムは限定されていないから、シアカムのようになるには、ジェラミの役割を増やすことが重要。ボールプッシュさせてみるかい!?危なっかしい気がするけど、ちょっと見てみたい(笑)

もっと、ジェラミで攻めさせるパターンを増やしたいところだし、ジェラミ自身もポストプレーの種類を増やしたいかな。外のシュートがとても良くなっているので、インサイドでも安定して点が取れれば、鬼に金棒。

シアカムはレイアップ上手いから、ジェラミも上達させたいな!

あと、スタッツのところでは、触れなかったけど、シアカムってジェラミよりアシスト約2本多いんだよね。ガソル弟(マルク・ガソル)と相性良いっていうのもあるかも。

シアカムがゴリゴリインサイドで攻める時、ガソル弟は、スリーの外で待って、スペースを作ってます。

シアカムがゴリゴリしている時に、ガソルのマークが寄ったら、シアカムがガソルにさばき、スリーか遠目のミドルを打たせてます。あ、サンダーでは、アダムスがスリー打てないので、できないやつだった(泣)

ジェラミは、ポストプレー仕掛ける時は、タフショットになろうとも自分で打ちがちだから、そこでさばけるといいかも。ただ、ジェラミがインサイドで攻める時は、周りの合わせとスペーシングは必須。

でも、アダムスは何処にいればいいのだろうか(迷) インサイドにいたら、邪魔になっちゃうし。答え、絶賛募集中です(笑)

まぁ、逆サイドとかでオフボールムーブするためのスクリナーか、ジェラミが中で攻めれなかった時に、いったん仕切りなおすための中継役として、外で待ってるのが良いのかな。

まぁ、サンダーは滅多にオフボールムーブしないけどね(汗) ファイナルでのラプターズのパス回しや、ウォリアーズのオフボールムーブが上手くて、羨ましいと思ったのは内緒の話。頑張ろう、ドノバン。

ということで、ジェラミがシアカムのように活躍するには、こんなことが必要なのかも。

  • ジェラミの役割を増やす
  • ポストプレーのパターンを増やす(レイアップの上達も?)
  • 速攻で先陣を切って走る
  • 周りがジェラミのプレーに合わせる

いきなり全部は出来ないだろうから、まずは役割を増やすことで、ジェラミが何か掴むことができればいいのかな。そこから、徐々に自分で得点をクリエイトすることが増えるようになれればいいね。やればできると思うし、もっとやってほしいかな。

そしたら、ウェストブルックとジョージの依存から、少しは脱却できるようになるかな。二人の負担も減らせるしね。

ただ、ジェラミはフィジカルが強い方じゃないから、シアカムみたいなゴリゴリ系のポストプレーは、現時点では厳しいかもね・・・。スピードを活かしたポストプレーを取り入れた方が良いのかなー。

ここまで書いておいて、アレだけど、ジェラミはジェラミなんだから、シアカムのようにならなくてもいいじゃないっていう意見の人がいたら、ごめんね(苦笑)

とりあえず、来シーズンのジェラミがどれだけできるか、期待してます!

Pocket

-Thunder Player
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

オクラホマシティ・サンダーとラッセル・ウェストブルック

サンダー、第1章の終結。 とうとう、この日がやってきてしまいました。 ラッセル・ウェストブルック、ロケッツへトレード! 衝撃のニュースから、約1か月経ちました。それでも、まだ実感湧かないよ(苦笑) 夢 …

【OKC】ラッセル・ウェストブルックのシュート率がよく分からない件について

今シーズン、シュートタッチの不調に苦しんでいる、我らがラッセル・ウェストブルック。基本的には、シュート以外で、チームの勝利に貢献しているものの、3月のスケジュールが過酷なので、早めにシュートタッチを取 …

【OKC】ポール・ジョージが復帰を待ち望む、サンダーのエースストッパー「アンドレ・ロバーソン」後編

ロバーソンファンの皆様、お待たせしました。待っていなかったら、ごめんなさい(汗)後編です。 前回、サンダーのエースストッパーである、アンドレ・ロバーソンのディフェンスについて、書かせていただきました。 …

【OKC】ありがとう、アレックス・アブリネス

2019年2月10日、管理人にとって、ショッキングなニュースが入ってきました。 サンダー、アレックス・アブリネスを解雇。 トレードデッドラインを過ぎ、トレードされなかったアブリネスは、今季終了まではサ …

【OKC】ドノバン、ナーレンズ・ノエルをもっと出そうぜ!

前回、アダムスが2月に入ってから、スタッツが落ちていることを書きました。実は、人知れず苦しんでいたアダムス。 【OKC】サンダーを支えるスティーブン・アダムス、実は最近不調だった事が発覚!? アダムス …

名前:RSWB0

性別:男性

職業:システムエンジニア
性格:ちょっと気まぐれ

趣味:バスケットボール。NBA観戦。

オクラホマシティ・サンダーとラッセル・ウェストブルックのファン。

バスケ経験者だけど、戦術とかはあまりよく分かってない(笑)

twitterやってます!
NBAとサンダーに関することを中心に呟いてます。
https://mobile.twitter.com/RSWB_0

記事に記載しているスタッツは、下記を参照しています。
https://www.basketball-reference.com/