NBA・OKC&HOUと「Why not?」

ラッセル・ウェストブルック(Russell Westbrook)、オクラホマシティ・サンダー(OKC Thunder)、ヒューストン・ロケッツ(Houston Rockets)を中心に、NBAに関して、主観で興味のあることを書くブログ

Houston Rockets

【HOU】ラッセル・ウェストブルックが、最近調子を取り戻してきたと聞いて

投稿日:2019年12月22日 更新日:

Pocket

今季からロケッツで頑張っている、ラッセル・ウェストブルック。

開幕当初から、らしさ爆発でした。

いきなりですが、開幕戦のバックス戦と2試合目のペリカンズ戦のハイライトをどうぞ。唐突にハイライトを貼るスタイル(苦笑)

■バックス戦

■ペリカンズ戦

ロケッツでも、ウェストブルックのスタイルは変わらない!ターンオーバーの数も変わらず多いぜ(汗)

開幕当初は、ハーデンが絶不調だったんだけど、徐々に調子を取り戻してきました。そしたらウェストブルックの出来が悪くなるというね(泣)

まぁ、プレーオフにがっちり噛み合えばいいんだけどさ。でも、上位シードは獲得しておきたいというジレンマ。

で、そんな中、ウェストブルックの調子がまた良くなってきたので、ちょっと確認してみようかと。

※本記事で掲載しているスタッツは、2019/12/21時点のものです。

ウェストブルックのスタッツ

ウェストブルックについて、昨シーズンのスタッツと今日時点のスタッツを確認していきましょう。

なお、スタッツに関する項目の意味については、こちらをご参照ください

18~19シーズン19~20シーズン
G7325
MIN36.035.0
PTS22.9
23.5
FG%42.8%
42.5%
3PA5.65.2
3P%29.0%
23.3%
2PA14.515.2
2P%48.1%
49.1%
FTA6.26.4
FT%65.6%
78.0%
ORB1.51.6
DRB9.66.5
AST10.77.1
STL1.91.6
BLK0.50.3
TOV4.54.5

とりあえず目につくのは、スリーの確率が下がっていること。23.3%とは一体…、うごごご! 後で詳しく見てみよう。

ディフェンスリバウンドが減ったのは、カペラが取ってるから。サンダーでは、アダムスがボックスアウトして、ウェストブルックに取らせてたからね。

それでも、ガードでこの数字は多いんだけどさ(汗) もう麻痺してるよね(苦笑)

あとは、アシストが減りました。でも、ターンオーバーは、減ってないのは何故なのか。解せぬ(汗)

ちなみに、ポテンシャルアシスト(パスを受けたチームメイトが、成功する可能性が高いシュートを放って、入ればアシストになるものの、外れてしまった場合)を調べてみたところ、16.2でリーグ4位。

スリーは水物だから、パス出してもシューターの調子に左右されるんだろうね。

なお、昨シーズンのポテンシャルアシストは、20.8でリーグ1位。決め切れなかった昨季のサンダー。無念。

で、逆に良くなっているのは、フリースロー。スリーは確率下がったけども、フリースローの確率は、約12.5%上げていました。どうやって改善したんだ・・・。

ウェストブルックのスリー

ラスのスリーについて、プルアップとキャッチ&シュートそれぞれの3P%を確認してみました。

■プルアップシュートでの3P%
 2018~19シーズン:26.4%
 2019~20シーズン:26.7%

■キャッチ&シュートでの3P%
 2018~19シーズン:32.1%
 2019~20シーズン:21.7%

お分かりいただけただろうか。今季のウェストブルックは、キャッチ&スリーの確率が10%以上下がっていました。

確かに、ハーデンから良いパスきて、スリー打っても決めきれないシーンが結構あったような…。プルアップのスリーは確率変わらないのにね…。

まぁ、シーズン終盤になれば、確率上げてくるかもしれないし、とりあえず様子を見ましょうか・・・。ポジティブシンキングね!現実逃避ともいうけど。

ウェストブルックのエリア別シュート率

ウェストブルックについて、昨シーズンと今シーズンのエリア別シュート率を見ていきましょう。

2018~19シーズン

2019~20シーズン

うーん、何とも言えないな(困惑)

とりあえずリム周りは同じくらいの確率を残していて、あとは、エリアによって良くなったり悪くなったり。こう見ると、確かにスリーはかなり確率下がっているね・・・。特に、コーナースリー(泣) 早くタッカーに、コーナースリーの極意を教わるんだ!

ここ6試合のウェストブルック

で、短いけども今回の本題。欠場したピストンズ戦を除いた、ここ6試合(サンズ戦~クリッパーズ戦)でのウェストブルックがこんな感じでした。

 PTS:29.2
 FG%:50.4% (10.8 / 21.5)
 3P%:29.6% (1.3 / 4.5)
 2P%:55.9% (9.5 / 17.0)
 FT%:90.2% (6.2 / 6.8)
 ORB:1.8 DRB:6.7 AST:6.7 TOV:4.5

FT%が9割だと!?どんな魔法を使ったんだ!?ウェストブルックっぽくないぞ(困惑) いや、改善されてて凄く良いんだけどね。

また、スリーも確率上げていたよ。シーズン平均よりもスリーを打つ回数が減っていたから、ダントーニから打つ回数を減らすように言われたのかな?もしくは、プルアップスリーが減ったのかな?

そういえば、2017~18シーズンでもスリーを打たないようにしたら、調子上げてきてたっけ。記憶違いだったらごめんね(正座)

一応、ここ6試合のシュート別3P%も調べてみたよ。

■シュート別3P%
 プルアップシュート: 38.5% (0.8 / 2.2)
 キャッチ&シュート: 21.4% (0.5 / 2.3)

ファッ!?プルアップスリーの確率がめっちゃ良くなったウェストブルック。目を疑ったよ(汗)この調子がずっと続いたら、相手からしたら、凄く面倒だろうね。是非とも、この調子を維持してほしいところ。

えっ、キャッチ&シュートの確率? あっ、バイトの時間だ(逃走)

ちなみに、ここ6試合のエリア別シュート率は、こんな感じ。

リムにアタックする割合が増えたようで、確率も上がっているね。ミドルやスリーは、シュート数が少ないから、参考程度で見ていただければいいかと。

簡単に確認してみたけども、確かに調子を上げてきていたウェストブルック。このまま調子を上げてくれれば、ロケッツは面白い存在になりそうなので、是非ともケガなく頑張ってほしいですね!

・・・最近、終わり方が普通だな(苦笑)

Pocket

-Houston Rockets

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【HOU】ヒューストン・ロケッツについて、気になることを書いてみよう

ウェストブルックがロケッツにトレードされたので、ちょっと前に、ロケッツについて調べてみました。 【HOU】ヒューストン・ロケッツについて、どんなチームなのかを確認しよう えっ、前回から1か月半経ってる …

【HOU】ヒューストン・ロケッツについて、どんなチームなのかを確認しよう

いきなりですが、このブログは、ウェストブルック&サンダーブログです。 ただ、前回の記事で書いた通り、ウェストブルックがロケッツに行ったので、ロケッツについても、嗜む程度ですが、書いていくつもり …

【HOU】今季のロケッツが抱えている課題を確認しよう

NBAが開幕しましたね! ロケッツは5試合を終えて、3勝2敗。可もなく不可もなくな感じ。 ウェストブルックファンの管理人は、今季からロケッツを見始めましたが、結構課題があるなーという印象です(汗) 生 …

【HOU】ラッセル・ウェストブルックが、怖いぐらい絶好調な件について

ご無沙汰してます。 更新が遅くなってしまって、ほんとすみません・・・。 時間が取れないのもあったのですが、 体力が落ちてるっぽい。最近は帰ったら、すぐに眠気が不意打ちしてくるんだもの(汗) 年かな・・ …

名前:RSWB0

性別:男性

職業:システムエンジニア
性格:ちょっと気まぐれ

趣味:バスケットボール。NBA観戦。

オクラホマシティ・サンダーとラッセル・ウェストブルックのファン。

バスケ経験者だけど、戦術とかはあまりよく分かってない(笑)

twitterやってます!
NBAとサンダーに関することを中心に呟いてます。
https://mobile.twitter.com/RSWB_0

記事に記載しているスタッツは、下記を参照しています。
https://www.basketball-reference.com/